つわりの時期と主な原因

妊娠に伴う「つわり」ほとんど感じない人もいますが、ひどい人は起き上がることさえ難しくなります。妊娠したからと言ってすぐにお仕事をやめることはできませんし、家事もこなしつつ、出産準備をしていかないといけないママさんたちにはつらい時期になりますね。しかし、最近、葉酸を摂ることでつわりの辛さを軽減できるという研究結果が報告されています。
そもそも、つわりって何で始まるのでしょう。つわりが始まる時期はだいたい妊娠6週目からと言われています。個人差もありますからあくまでの目安ですね。そしてだいたい妊娠15週くらいまで続きます。この期間ずっとつわり症状が続く方もいれば、つわりがピークになる9,10週だけがつらくて後はそうでもないという方もいます。 つわりは個人差が大きいのですが、その原因になると考えられているのがホルモン量の変化と、ママの体が赤ちゃんを異物と認識してしまうため、という2つの理由が最有力のようです。どちらにしてもママ本人ではどうすることもできませんよね。そして、その主な原因となる2点を促進してしまう状況もあるといわれています。 過酷な環境と、ストレス、睡眠不足、ビタミン不足、冷え、これらは体質的につわりが起きやすいママの状況を更に追い詰めてしまう要素となりえるのです。では、つわりを軽減するにはこれらの要素をできるだけ改善することが大切ですね。そこで、葉酸が効果的というわけです。

つわり軽減に葉酸が効く!理由3点

葉酸がつわりを軽減してくれる、と言える大きな理由が3つあります。一つ目は葉酸のビタミンB6効果です。ビタミンB6が不足するとつわり症状がひどくなります。ビタミン類の中でも特にビタミンB6はトリプトファンというつわりを重くする物質の代謝不調を抑える効果があります。逆にビタミンB6が不足するとつわりの症状が重くなるといわれています。このビタミンB6の働きで、とくに、つわり時の吐き気、膨満感、疲労感、倦怠感が軽減されます。 二つ目の理由は、胎児に十分な栄養をあげることでママの体の拒否反応を軽減できる、という点です。ママの体は思いや気持ちで制御できない部分で自己防衛本能があります。それは風邪などのウイルスが侵入して来たら拒否反応を出し撃退しようとするのと同じです。 ママの体の中に育まれた新しい命はママの体の栄養をいっぱい吸収して大きくなろうとします。特にママの体に栄養が足らない場合、少ない栄養を守ろうとして体は必死になってしまいます。ですから、赤ちゃんが細胞分裂を特に盛んに繰り返す4週目から12週目に、葉酸で胎児が必要とする栄養をしっかり補ってあげることで、拒否反応からくるつわりを軽減できるといわれています。 三つ目の理由は、葉酸にはストレスを軽減させてくれる効果がある、という点です。葉酸は脳の神経系に働きかけ、精神を穏やかに保つ働きがあると考えられています。そのため、精神が安定し、穏やかになるのでることによりストレスが軽減されるのです。ストレスが軽減されると、ホルモンバランス量が変化しても比較的安定した状態を保つことができ、つわり症状の緩和につながるのです。

つわりと葉酸の関係性

このように、葉酸はつわりの各症状を和らげる効果があります、しかし、葉酸を飲むとつわりがなくなる、と結論することはできません。つわりに関してはこと体質により個人差がありますし、葉酸が働きかけてくれるにも時間がかかるからです。しかし、ママにとって、胎児にとって葉酸は必須栄養であることに変わりはありません。ママと赤ちゃんの健やかな暮らしを目指してしっかり葉酸を摂るように心がけていきましょう。 つわり時期、どうしても食品からだけでは必要な葉酸量を摂ることができないかもしれません。最近は、妊婦さんのための葉酸サプリも多くなってきました。上手に選んで、つらいつわり時期も明るく乗り切りたいですね。

葉酸欠乏症

総合葉酸サプリランキング

価格ランキング

妊活ランキング

妊婦愛用ランキング

飲みやすさランキング

購入数ランキング



葉酸サプリメントTOP

運営者情報