葉酸の効果

葉酸はビタミンB群の一種です。

葉酸は水溶性のビタミンB群の一種です。新陳代謝との関係性が深く、人が生きていく中でとても重要な核酸やタンパク質の合成を促進したり、体の成長を促進したりする働きを担っています。ですので、成長過程において非常に重要なビタミンなのです。 ビタミンB12とともに赤血球を創りだす造血ビタミンとしても知られています。
(核酸とは、DNAやRNAの事をさしており、赤ちゃんだけでなく、子供の細胞の核を担っている大切な生命の源でもあります。)

ママと赤ちゃんの健康に欠かせない葉酸の働き

10人中1人がなってしまうと言われている流産。この流産の原因として7割が、退治の染色体異常によるものだと言われています。この染色体異常のリスクを軽減する働きがあると言われているのが葉酸です。これは、厚生労働省も推奨しており、妊娠する1ヶ月異常前から出産するまで、しっかりと葉酸を毎日400μg摂取することをおすすめしております。
これは実際に、アメリカのカルフォルニア大学の研究によって発表されたものであり現在の90%異常の妊婦の方が葉酸を飲用しております。
妊娠したいと思われている方、妊娠中の方はぜひ葉酸をしっかりと飲んでみましょう。

赤ちゃん

葉酸の欠乏症による起こる症状について

葉酸が欠乏してしまうと、様々な悪い症状が起こります。摂取が不十分なのが原因だけでなく、吸収不良や多様な薬物の使用によって生じることもあります。生活習慣的には、生の野菜をほとんど食べない方に起こりやすいです。
欠乏症は主に貧血を引き起こします。しかも貧血の場合は自覚症状が少ない為、気づいた時には既に深刻という事が非常に多くなっております。また、母体に葉酸欠乏症が起こると、胎児にも影響があります。先天性の神経管欠損症のリスクが高まります。
通常は臨床試験が検査には必要です。葉酸欠乏症は、そのほかにも舌炎、下痢、うつ、体重減少などを引き起こす事もあります。

葉酸欠乏症

総合葉酸サプリランキング

価格ランキング

妊活ランキング

妊婦愛用ランキング

飲みやすさランキング

購入数ランキング



葉酸サプリメントTOP

運営者情報