妊娠中はなぜ運動が必要?

妊娠をするとついつい体が重たく、外に出歩くことが億劫になる人もおられます。その生活週間が続くと運動不足につながり妊活にも影響が出てきます。そもそもなぜ運動が必要かというと、妊娠、妊活中はとにかく体の基礎代謝を上げるに越したことがありません。
病気になると薬を飲むことになりますが、もちろん赤ちゃんを身ごもっている体にとってはクスリの摂取は禁物。さらに、運動をしないと身体中に栄養成分をたっぷり含んだ血液を身体中に送り出すことができなくなります。ただでさえ妊娠中は、子供と血液を分け合う特別な環境。そのため、お腹の中にいる赤ちゃんにも栄養たっぷりな血液を届けるためにも、普段から運動を続けて行うことで基礎代謝のアップと血液中の酸素と栄養分を豊富にすることにつながるので是非、運動は欠かさずに行いたいものです。

おすすめの妊娠、妊活中の運動方法。

一番簡単に行える方法としては、ウォーキングがやはりいいでしょう。
難しいことを考える必要もなく、腕を振り、足で地面を蹴り上げるだけで体全体の筋肉を刺激して基礎代謝もアップすることができます。また、お金も特別かかることもありませんし、外の空気を吸うことにもつながりますので妊活中には様々なことを意識して、気配りをしているためおのずとストレスも溜まっているはずなので、リラックス効果にもつながります。ストレスがかかると赤ちゃんも悪影響が出そうなもの。健康で、リラックスした母親の方が赤ちゃんも安心して成長することができます。
また、歩くと膝への負担が気になるという女性の場合は、水泳がおすすめです。
水の中ですので、赤ちゃんをみごもった場合の膝への負担を軽減することができます。また、泳ぐことは体全身を動かすことはもちろんのこと、特にクロールをすることで骨盤のあたりをひねる運動が含まれるため、骨盤のあたりを流れる血液の流れが良くなるので、不妊にも適しているとも言われています。

体への負担を考えると、暑さの厳しい夏場や、寒さの厳しい冬場など屋外での運動を継続するには苦手な方には、温水プールなどがある施設での妊活水泳がおすすめかと思います。妊娠中は、赤ちゃんへの栄養としてはお母さんの血液でした栄養を補うことができないため、血液の流れが良いことは、スムーズな食事を赤ちゃんに提供することに直接的につながりますのでぜひ、運動は行ってくださいませ。

運動を行うことでさらなる効果

運動を行うと体の筋肉を刺激しているため、体は自分が思っているよりも疲れているものです。
疲れを感じると人は、どういう行動に移るかというと答えは、「睡眠」です。
運動を行った体の良い副作用としては、「適切な睡眠」を取ることができ、女性ホルモンの生成にもつながります。

睡眠時がホルモンが一番活性化される時間帯は、夜22時から2時までの4時間と言われています。
この時間帯に夜更かしをせずしっかりと睡眠をとることで、体の中のホルモンを安定化させることにつながります。
女性ホルモンが安定しているということが、赤ちゃんをみごもることにも大きくつながります。 妊活中は、ただ1つの体の良いことをすればよいというものではなく、食事、睡眠、運動、そしてリラックスするなど複合的な要素を全て行うことが大事と成ります。
なので、全てのことが妊娠へとつながっている意識して、今一度ご自身の生活習慣を見直すことで、できているものを把握してできていないものを改めるという行動に生かされるとよいかと思います。全ては、赤ちゃんへつながっていますし、その後の子育てというステージでもしっかり役割を果たすために必要となる項目ですので、今のうちに慣れておくことが必要です。

総合葉酸サプリランキング

価格ランキング

妊活ランキング

妊婦愛用ランキング

飲みやすさランキング

購入数ランキング



葉酸サプリメントTOP

運営者情報