妊娠中の動機息切れについて

妊娠をしているお母さんは、体の中にもうひつとの命を授かっているわけですので、通常時と異なって二人分お栄養とエネルギーが必要となります。したがって、食欲や運動も普段の二倍は心掛けなければいけません。おなかの中の赤ちゃんが元気に育つためには、お母さんと繋がっているおへその部分から血液をもらってすくすと成長をしているので、お母さんは動機や息切れが起こりやすい状態となります。理由としては、おなかの中の赤ちゃんの分の血液も必要だからです。二人分の血液が必要となる妊娠中ですが、お母さんの作り出す血液中の赤血球の量は普段とは変わりません。その結果、お母さん側の体の血液中の赤血球の濃度が薄まりますので、動機や息切れ、時にはひどい貧血という症状を起こしてしまう恐れがあります。  

特に注意が動機が強まる妊娠後期

赤ちゃんが順調に成長することで、おのずと体も大きくなり必要とするエネルギーや栄養も増えていきます。赤ちゃんの体を大きくするために必要な栄養たっぷりの血液を送る出すために、さらに心臓が血液を生成することや、おなかの中の赤ちゃんが大きくなることで、おなかの中のスペースが狭くなり、時にはお母さんの肺の部分まで圧迫することもあります。このような状態になると、動機や息切れが更にひどくなることが考えられます。あまりにもひどい場合は、医師への診断も必要となってきますので、無理はせずに自分の体の中で起こる変化に細心の注意を払うこと気を配ってくださいませ。

動機や息切れを抑える方法は?

動機や息切れが起こるメカニズムが主に血液ということが分かったところで、解決につなげることができるものもあります。
まずは、食事です。食事では、出来る限り血液を作り出す源となりえる材料を使用することがおススメです。
例えば、貝類や、鉄分の多いレバーなどが良いでしょう。鉄分も多く、ビタミンAも含まれているので取りすぎには注意が必要ですが、さらに効率よくとる為にも、動物性たんぱく質と一緒に摂取することも大事です。
食事以外の方法としては、暖かいお湯に体をつかるという方法です。
手間になるのでついついシャワーで済ませてしまうという人もおられますが、やはり妊娠中は体中に血液を送り続けている状態になりますので、体への負担が少ない暖かいお湯に体を付けて、リラックスするというのは非常に効果的です。
体を温めることで血行も良くなりますので、心臓への負担も抑えることができ、動機や息切れ解消にもつながる簡単な方法です。
しかしながら注意しなければいけないことは、あまりにも高温のお風呂には入らないことです。妊娠中はただでさえ貧血気味になりますので、お風呂から出る際に急な温度差や高低差でくらっとくることも多いので、長湯のしすぎや高温のお風呂に入ることがある場合は、体への負担を考慮しながらほどほどにすることをお勧めします。 最後に眠るときの方法として足を高くして寝る姿勢が動機や息切れの解消にも効果が期待できます。
心臓から一番離れた場所にある足はどうしても血液の流れが悪く、むくみやすいなどの症状も出てきます。 寝る時にクッションや枕を足の下において少し高さをつけるだけでも血液の流れをよくすることに大きく貢献してくれます。
このように普段の生活の中で、血液を意識した生活を心がける。 鉄分を多くとることや暖かいお湯につかって血行を良くする。最後に寝る時は、心臓から一番遠い足の部位までスムーズに血液が流れるように足を高くするなど、誰でも今日からできるお手軽な心掛け次第で解消できる方法となっておりますので、ぜひ妊娠中の動機や息切れでお悩みの方は実践してほしいと思います。

薬やお酒は避けましょう

薬やお酒などは、胎盤を通して赤ちゃんの元へと流れて行きます。
薬の成分によっては、赤ちゃんの奇形の原因になったり、発育を損なう恐れがあるものも存在します。
妊娠に気付いていて、薬を飲まなければならない状況になった時は、必ずかかりつけの先生に処方してもらうようにします。
妊娠していても問題なく飲める薬が処方されます。 ちょっとした風邪、頭痛、吐き気、こうした症状の場合で、ごく数日しか服用しないからといって、自己判断で飲むのは禁物です。
また、アルコールを摂取する習慣のある人は、妊娠に気づいた時点で控えるべきです。
アルコールを摂取すると、赤ちゃんの中枢神経に影響出る他、胎児性アルコール症候群を発症するリスクがあります。 一杯くらいならという安易な考えはやめ、赤ちゃんに影響が出やすいものは控えることが先決です。

総合葉酸サプリランキング

価格ランキング

妊活ランキング

妊婦愛用ランキング

飲みやすさランキング

購入数ランキング



葉酸サプリメントTOP

運営者情報