妊娠初期の食事について

わたしが、妊娠をしていた当初に気をつけていたことは「食事」です。 妊娠をしている時や妊娠を行う際もともにお薬を摂取することを控えたい環境のため、食事でお腹を壊すという初歩的なことでお薬を飲まなければいけないということを避けるために食事には特に気をつけました。

実際に行ったことは、残り物のご飯を冷凍でも食べないということ。そして生たまごやお刺身など火を通さない食材を食べないようにしました。 目に見えない雑菌も多くいると思うと、万が一お腹が痛くなるとと考えると食事を取る際には生物は避けていました。
そのため、必ず野菜にも関しても全て水洗いはもちろんのこと日を通して炒めるということを徹底して行いました。
それぐらい徹底して食生活を管理していないと本気で子供もできないと考えていました。 子供のことを考えた中心の生活を行うことも今までにない行動であり、妊活の一部であると考えます。

あと、妊娠をするために女性ホルモンが規則正しく生成される必要があります。 そのため、女性ホルモンに似た成分を多く含む大豆製品を摂取するように心がけた食事を行っていました。
おすすめの食事方法としては、大豆を使用した五目ひじきや、大豆をすりつぶしたきな粉を摂取するきなこドリンクを飲むようにしていました。 特にきなこドリンクに関しては、牛乳を一緒に混ぜているので骨の生成に必要なカルシウムの摂取にもつながり、妊活にはもってこいの飲み物がだったと思います。
他にも、カレーには大豆を入れて蒸した豆カレーを取るようにしたり、規則正しく毎日1日3食は食べるようにすることも心がけていました。
何か生活のリズムを変えることが自分の中に妊活をしているというスイッチの切り替えにもつながりますので、妊娠初期は特に重要な生活リズムの変更であるとおもいます。
意識も、行動も実際にわたしの場合は変わりました。
また、食事以外にも気をつけていたことは、「運動」を欠かさないということです。
妊娠、そして出産を行う際には、かなりの体力を消耗します。
その際に筋力が足りなければ赤ちゃんにも長期間の出産は体への負担にもなりますので、自分の体だけでなく、赤ちゃんのことを考えてもわたしは毎日腹筋を20回3セットを行っていました。命がけの出産になりますので、こちらも必要最低限の準備を行わなければいけないと思います。

妊娠初期は温活もとっても大切!

他にも体を冷やすよりも温める方が妊活には重要なこと。
なので、運動と体を温めるということ両立して「ほっとヨガ」をしていた時期があります。 ほっとヨガは体を温めることができるヨガであり、体全体の筋肉を時間をかけてじっくりと動かし鍛えることができるので、普段運動不足のわたしにとっては当初2週間ほどは筋肉痛の連続で非常に辛くかったですが、体に変化も現れました。
昔から冷え性だった手先は、ホットヨガの影響で血液の流れが良くなり栄養のたっぷり含んだ血液が体の隅々までいきわたるようになり、基礎代謝のアップと冷え性の改善に効果がでました。ホットヨガの内容も時間をたっぷり使って運動をしたり深呼吸を織り交ぜているので、たっぷりのリラックス効果もありますので、ストレスの少ない体作りと妊娠の準備がしっかりと行うことができました。


これらを踏まえて妊活前に心がけたいこととしては、食事を規則正しくとること。
そして、運動不足の人は、出産に向けて筋肉量を増やし基礎代謝もアップして体を強くそして風邪など病気に負けない体作りを行うことが必要ということです。
妊活中は特に特別なことは必要ないので、普段の生活から「出産時に必要なことは何かな?」と意識した生活を送ることが重要であるので、深く考えずに赤ちゃんにとって大事なことをしてあげてください。自分の体が元気であれば元気な赤ちゃんが生まれてくると信じしていたわたしは、元気な男の子の赤ちゃんを安産で産むことができました。

総合葉酸サプリランキング

価格ランキング

妊活ランキング

妊婦愛用ランキング

飲みやすさランキング

購入数ランキング



葉酸サプリメントTOP

運営者情報