逆子って何?何でなるの?

逆子って、通常は赤ちゃんは頭を下にした状態になっているのですが、それが反対に頭が上にある状態になることを言います。ちなみに赤ちゃんが横向きになっている時もありその状態の事を横位といいます。

妊娠初期から中期までは、まだ状態は定まっていなくて、色々な向きを向いている事が多いです。しかし、赤ちゃんは特に頭が重くなっているので、後期に入ってくると徐々に頭が下になる赤ちゃんが多くなるんです。
しかし、5%ほどの赤ちゃんがひっくり返らずに逆子のまま出産を迎えてしまいます。
大きくなるに連れてお腹の中でひっくり返ることが難しくなるので、後期に入ると向きが決まってしまいがちです。

逆子体操でしっかりと逆子を解消しましょう。

逆子を治す方法は体操が主になっています。三種類あるので紹介しますね。
■胸膝位
うつぶせになってお腹をゆるめて、膝をついて出来る限り高くおしりを上にあげます。これを20分近く続けましょう。

■仰臥位
世間的にはブリッジと呼ばれる方法です。あおむけにまずは寝て、腰の下にクッションなどをあててから、その状態を10分程度保ちます。最初はかなり体力が必要となるので、少しずつの時間から始めるとよいでしょう。

■側臥位
赤ちゃんの背中が上を向く様に体を横になります。体操の中でも非常に楽な方法で、赤ちゃんがクルッと回転してくれる事がこの状態でいるとあるので、家で横になっている時に意識するとよいでしょう。

体操を定期的にすることも大切ですが、赤ちゃんに話しかける事もとても大切と言われています。特にママの言葉は伝わりますので、逆子が治る様に優しくお話することも大切ですので、意識してみてくださいね。

総合葉酸サプリランキング

価格ランキング

妊活ランキング

妊婦愛用ランキング

飲みやすさランキング

購入数ランキング



葉酸サプリメントTOP

運営者情報