葉酸の効果

妊娠中の「冷え」や「ストレス」に効く葉酸

妊娠に伴って女性の体には大きな変化がおこります。見た目にお腹が大きくなる変化以上に、精神的に、身体的に疲れやストレスを感じることが多くなります。そんな妊婦さんたちが一番注意したいのが、「冷え」と「ストレス」だと言われています。そして、この冷えとストレス対策に葉酸が効くというのです。ではさっそく詳しく見ていきましょう。

妊娠期の冷えに要注意!な理由とは?

妊娠を考えている方、妊娠されている方どちらにとっても冷えは要注意事項です。まず、冷えが起きると、子宮や卵巣などの働きが悪くなります。お腹が冷えると生理痛がひどくなりますよね。それは子宮などの臓器の血液循環が悪くなるためです、こうした状態が慢性化していると受精卵が着床しにくくなり、不妊の原因にもなります。
また、妊娠初期段階で冷えがあると流産しやすくなるといわれています。やはり、血液の循環が悪いため子宮内膜の栄養が足りなくなるためです。また、つわりがひどくなったりする傾向もあります。さらに、冷えが引き起こす症状としては、早産、難産も挙げられます。また、胎児の発育不全にも影響するという見方もあります。

冷えに葉酸が効くのはなぜ?

妊娠中にかかわらず、葉酸は冷え対策に効果をあげています。なぜなら、主に冷えの原因は血行が悪くなる、貧血状態である、の2点です。体内の血行が良くなれば体温が上昇し、冷えを感じなくなります。実際、外気温にかかわらず、血行が良い人は冷えを感じにくく、低体温になりにくいという報告がなされています。
葉酸はこの冷えの原因2点に働きかけてくれます。葉酸を摂取することで鉄分補給でき、貧血予防になると同時に血流を促進してくれるので血行が良くなります。特に足先などの末梢血管の動きが良くなるので下半身の冷えを解消してくれるので、子宮や卵巣などの温度低下を防いでくれます。

妊娠時期、厚手のソックスを履いたり、おなか回りを温めたり、エアコンの温度に気を付けるなどと同時に葉酸を摂取することで内側から冷え対策をすることで妊娠期の冷えによる不快症状を軽減することができます。

妊娠期のストレスが危険なのはなぜ?

妊娠時期にストレスを感じないようにすることはまず無理です。つわりやホルモンバランスの乱れから、普段は比較的ストレスを感じないタイプの人でもストレスを感じやすくなります。しかし、強いストレスをずっと感じていると胎児の成長に影響が及ぶ可能性があります。喘息やアレルギー、アトピーなどの症状を起こす確率が高くなるのです。
また、ストレスを感じ続けると、母体の血液循環、栄養のめぐりが悪くなります。そのことから胎児に必要な栄養が十分届かず、発育障害が見られたり、胎児の情緒に影響が及んだり、早産などの原因になりえます。

ストレスにも効果がある葉酸!

こうしたストレス状態の緩和に葉酸の働きがあります。葉酸は脳の神経に働きかけ、精神状態を安定させたり気持ちを穏やかに保つ効果があるとされているからです。精神状態が穏やかに保たれることでかなりのストレスが軽減されますね。葉酸を十分取り入れることで、気持ちが落ち着き、ホルモンバランスの乱れや、環境の変化、つわりなどの不快症状からくるストレスを抑えることができるのです。
しかし、葉酸は貯めておくことができない栄養素です。水溶性ビタミンの仲間なので、その日使用されない場合尿となって排泄されていきます。ですから、毎日安定した気持ちを保てるように、葉酸を毎日摂りいれる習慣を身に付けましょう。
もちろん、葉酸は精神安定剤ではありません。ですから、葉酸を飲むと落ち着く、ということではありません。まず、できるだけリラックスした状態を保つよう環境を整えたり、一人で落ち着ける時間を見つけたり、旦那さんとゆっくり話す時間を取り分けたり、と意識的なストレス解消をしていきましょう。
その中で葉酸を十分摂ることでさらに安定したマタニティライフを送ることができますよ。

総合葉酸サプリランキング

価格ランキング

妊活ランキング

妊婦愛用ランキング

飲みやすさランキング

購入数ランキング



葉酸サプリメントTOP

運営者情報