妊娠と葉酸の深い関係とは?

葉酸サプリが妊娠を考えている方、妊娠中の方の必須アイテムとなっている昨今、その製品の質や用法用量の差が疑問視され始めています。妊娠予備軍、妊娠中、の女性にとっては大問題ですよね。
ではそもそも妊娠前、妊娠中葉酸の摂取が必要なのはどうしてなのでしょうか。妊娠前、妊娠初期段階においては胎児の先天性障害を予防する効果が高いといわれています。特に神経管閉鎖障害、無脳症、喘息などのリスクを軽減できます。また、妊娠中期に入ると胎児の栄養を補給し、母体の鉄分不足による貧血を予防してくれます。また授乳期にも葉酸を摂取することで赤ちゃんの発達障害を防ぐことができるといわれています。 妊娠前からずっと授乳期を超えるまで葉酸が胎児と母体を守ってくれるんですね。実際、厚生労働省によると妊婦さんは通常の1.5倍の葉酸を摂取することが必要ということです。

葉酸サプリがおススメなのはなぜ?

妊娠中に欠かせない葉酸ですが、実はとても体に吸収しにくい栄養素です。葉酸という名前からイメージできますが、葉酸とは緑黄色野菜に多く含まれている水溶性ビタミンの1種です。熱に弱く、加熱することですぐに壊れてしまいます。そのため、実際口から摂取しても吸収されるのは半分ほどといわれています。妊娠初期、つわりなどもある中、必要摂取量の葉酸を食事からだけで補っていくのはかなり大変なんですね。
そこで、葉酸を多く食べる食事を意識しながらも、サプリで補っていくのが主流とされています。サプリは加熱の必要もありませんし、葉酸を吸収しやすいように作られているので、かなり数値通りに摂取できます。しかし、この吸収しやすい葉酸が逆の心配を引き起こします。つまり、葉酸を過剰に摂取してしまうことから副作用が起きるのでは?という心配です。
食物から摂取する葉酸は過剰摂取した場合水溶性ですから尿などで体外に排泄されるので、過剰摂取になることはまずありません。しかし、サプリの場合過剰摂取の可能性もあるんですね。

葉酸サプリ過剰摂取による副作用とは?

一般に妊娠中に必要な葉酸の量は400μgと言われています。そして、1日に1000μg以上摂取すると、過剰摂取に相当します。ですから、葉酸は食品とサプリを合わせても1日に1000μg以内になるように調整する必要があります。この用量を超えた場合、食欲不振、吐気、むくみ、不眠症といった副作用が見られることがあります。しかし、つわりの時期と重なると副作用なのかつわりの症状なのかが見分けにくく、副作用が出ているのに気づかないことがありますから注意が必要ですね。
またアレルギー症状のような皮膚に紅斑や痒みを伴う反応が出ることもあります。これは蕁麻疹や発熱による毛細血管が広がることが原因と言われています。それ以外にも、倦怠感や無気力感、呼吸障害があげられます。また妊娠時期に必要な栄養素の一つである亜鉛を吸収しにくくさせる作用もあります。

では葉酸サプリを使用しないほうがいいの?

葉酸過剰摂取による副作用を目にして、葉酸サプリの使用を疑問視する声もあります。しかし、あくまで、上記はすべて葉酸を過剰摂取した場合においての副作用であり、妊娠時期に葉酸が必要であることは疑問の余地がありません。そして、やはり食品からだけで必要量を摂取することは難しいので、サプリを使用することが推奨されることに変わりもありません。
ここまで考えると注意したいのは、葉酸サプリの質ということになりますね。安価な葉酸サプリも数多く出回っています。その中には葉酸の摂取量が正しく計算されていないものもあります。また質が悪いものもあります。容量が正しく把握できない葉酸サプリを過剰に摂取し続けるなら副作用が出る可能性も高くなりますね。ですから、葉酸サプリを選ぶ際に信頼がおけるものを選ぶことが大切です。
また、葉酸サプリだけで栄養を賄おうとするのではなく、あくまでも食品で葉酸を摂取することを目標にし、それを補うものとしてサプリを飲むことを習慣にするなら過剰摂取による副作用を心配する必要はありません。上手にサプリを利用して妊娠時期を元気に乗り切りたいですね。

総合葉酸サプリランキング

価格ランキング

妊活ランキング

妊婦愛用ランキング

飲みやすさランキング

購入数ランキング



葉酸サプリメントTOP

運営者情報